富澤商店 町田本店

町田市・相模原市の店舗
この記事は約4分で読めます。

富澤商店(TOMIZ)といえば、駅ビルやデパートなどに出店している製菓・製パンを中心とした食材店として全国にその名を知られている有名店です。その本店は町田にあり、蔵造りの外観のお店には数多くの商品が並んでいます。

スポンサーリンク

富澤商店 町田本店への行き方と外観

富澤商店 町田本店の場所はこちらとなります。

  • 小田急線町田駅 東口・南口 から徒歩4〜5分
  • JR町田駅 中央口から徒歩3分

のところにあります。

小田急線東口からの行き方は「東口を出て右折(一番街)しまっすぐ進む→原町田大通りの横断歩道を直進→そのまままっすぐ(原町田中央通り)進むと道路の右側に富澤商店」となります。

外観は、

富澤商店 本店

このようにビルとビルの間にある、蔵造りのお店となっています。

富澤商店 町田本店の商品

富澤商店 町田本店にはたくさんの食材が並んでいます。店の表側には、お勧め品や季節の商品が並んでいます。

富澤商店 町田本店
富澤商店 町田本店

ざっと見ただけでも、以下のたくさんの商品が並んでいました。

丹沢黒豆麦茶、地のり、有機麦茶ティーバッグ、フォロのドレッシング、5種のナッツ&フルーツ、デーツ、ドライマンダリンオレンジ、干しイチジク、干しあんず、寒天ゼリーの素、杏仁豆腐の素

りすまる
りすまる

珍しい食材もたくさんあって、料理好きだったら「こんなものがあるんだ!」って興奮しちゃう!

店内の様子は

富澤商店 町田本店

入り口からのぞいただけで専門店らしい、豊富な品揃えだ!ということがわかりますね。

富澤商店 町田本店で購入したものと値段

私はいつもパンをホームベーカリーで焼いていますが、全粒粉の粉はスーパーなどではあまり売っていないので富澤商店のものを愛用しています。また、自粛期間中にオートミールを食べることにはまったのですが、いろいろ試した結果、富澤商店の オートミール オーツ麦 が粒が細かく、美味しいのでこちらも毎回利用しています。

今回はその2点を購入しました。

富澤商店 町田本店で購入したもの

(ラベルがぬれて黒っぽくなってしまいすみません)

さすが本店だな、と思ったのは「全粒粉はどこですか?」と場所をたずねたところ、「こちらからこちらまでとなっております」と、ずらーっと10種類ぐらいの全粒粉が並んでいる場所を教えてもらいました。今まで駅ビルなどにあるTOMIZでしかお店は行ったことがなかったのですが、さすが本店!種類が豊富だなと思いました。

金額は、

富澤商店 町田本店 レシート

このように2つ買った割には安かったな〜と思いました。家に帰ってきてから調べてみると今まで2キロ単位でAmazonで買っていたオートミールが 2,245円 だったので、半分の1キロでも920円はやっぱり安いです。TOMIZのネットショッピングでは店舗と同じ価格ですが、送料を考えると店舗で買うのはお得ですね!

富澤商店のいろいろな情報

富澤商店ができたのはいつ?本店と本社は?

富澤商店の沿革を見つけました。創業は1919年4月(大正8年)、今年で創業102年!?なんですね、すごい歴史です。また創業した当時のお店は今と同じ町田なのでおそらくこの店なのかな?と思いました。お店の外観が当時と同じかどうかはわからないのですが、確かに蔵造りのお店は歴史を感じさせます!

また「2013年7月本社移転(東京都千代田区有楽町)」とありましたので、それまでは町田市が本社だったと思われます。

富澤商店の店舗規模と品揃え数

町田本店が大きいのですが、実際にどのぐらいなのかわかるページがありました。

富澤商店 店舗案内店舗規模と品揃え数

こちらを参照すると「町田本店」大型店舗で品揃え3000点以上、ということでした。やはり大きい!

町田にはもう1店舗「小田急町田店」がありますが、こちらは中型店舗となっていました。

さぎすけ
さぎすけ

やっぱり本店!大型店舗なんだね!

富澤商店 町田本店の概要

名称富澤商店 町田本店
営業日・時間10:00~19:00 (お正月の3が日のみ休業)
所在地〒194-0013 東京都町田市原町田4-4-6
交通小田急町田駅 南口、東口から徒歩4〜5分
JR町田駅中央口から 3分
電話番号042-722-3175
支払い方法現金、クレジットカード
富澤商店 町田本店 概要